資金調達:銀行借入(Debt finance)の種類

スポンサーリンク

Table of Contents

デット・ファイナンス-主に、銀行借入による資金調達

 前回の記事では、エクイティファイナンスの一つとして、PEファンドに係る記事を書きましたが、上場会社や一部の上場準備会社を除き、株式の発行や新株予約権の発行(エクイティファイナンス)による多額の資金調達は困難です。

なぜならば、通常、非上場会社は、

①譲渡制限の要項が付されており、他人に譲渡する際に株主総会または、取締役会の承認が必要である

②価値の算定が困難である(紙切れになる可能性が高い)

ことから、株式の引受者(=出資者)がなかなかいないからです。

 そこで、ほとんどの中小企業が、資金調達方法として、銀行からの借入を行うことになります。

 ここでは、その銀行借入の種類について取り扱っていこうと思います。

証書借入-金銭消費貸借契約書を元に長期の資金を調達する方法

 融資を受ける際、借入条件を記載した「金銭消費貸借契約書」に、証明・捺印を行います。この方法によると金額によって、高額な収入印紙(紙の契約書を作成したことに伴う税金)を添付する必要があります。銀行では、「証書貸付」と呼ばれ、証貸と略されることが多いです。

 金額、金利、期間、返済方法など

メリット-借入期間が長いため、設備資金や長期運転資金として使用可能

 証書借入は、通常、借入期間が1年超に及ぶことが多いです。信用がない初回は、長期の借入は難しいかと思いますが、しっかり返済実績を使用し、自己資本などの財政状態が安定すれば、長期の借入が可能となります。なお、一定期間ごとの分割で返済するのが一般的です。

デメリット-融資の審査が厳しい、高額な印紙税の負担

 長期で借入を行うことができ、かつ金額が多額になりやすい証書借入は、銀行側にとっては、リスクとなります。そのため、事業計画に基づき、返済の可能性をしっかり審査する必要があります。よって、結果として、審査が長期間になったり、また取引のない銀行は、初回から証書借入による長期融資は困難です。

手形借入-「約束手形」を差し入れて短期的な資金を調達する方法

 信用証書(金銭消費貸借契約書)の代わりに、銀行を受取人とする「約束手形」を差し入れることにより借入を行うことがあります。これを手形借入と呼びます。

 (約束手形とは、予め一定の期日に支払を約束する手形)

 なお、この手形には、受取人の銀行名が予め記載されており、借入を行う企業が手形の振出人として署名・捺印するだけのため、「単名手形」とも呼ばれます。

メリット-手続が簡便、印紙税が安い、利息の先取りができる

 銀行は、約束手形を買い取る形で融資を行います。このときの買取の価格は、利息を引いたもののため、実質上、銀行側は、利息を先払してもらえます。

 なお、手形は、通常、最長でも1年間なので、銀行側のリスクは、証書貸付に比べて低いため、手続が簡便です。

 また、収入印紙は必要ですが、消費貸借契約と比べるとかなり安くなっています。

 よって、初回借入は、この手形借入によることもあります。

割引手形-受け取った「約束手形」を満期日前に銀行に差し入れて決済する方法

 手形は、

①手形の受取人が満期日前に、指定の銀行に持ち込む

②満期日に、銀行が振出人の銀行口座より引き落としをかける

③銀行が受取人の口座に振り込む

 という流れで決済されます。(実際には、銀行の手間を避けるため、手形交換所という場所で取引されます。)

 ただ、資金繰りが苦しかったり、満期日までの期間があまりにも長い(支払いサイトが長い)場合には、満期日を待たずに銀行に手形を売却(=割引)して、決済をしてもらうことがあります。

 当然、満期日前に、代金を受領するので、銀行に手数料(=利息)を支払うことになります。

 手形の割引は、借入金とは異なるのですが、割引いた手形の振出人が支払うことができない場合には、割引をおこなった企業が買い取る責任を負うこと(=「リコース義務」と呼びます)、及び実際には資金を銀行から借りているのと変わらないことから、借入と同様の資金調達方法として扱われます。

 連結キャッシュ・フロー上でも、手形の割引は、短期借入金として計上されます。

 ※ちなみに、手形による支払が半年以内に2回滞ると、銀行取引停止となり、一昔前は、実質上の倒産となって、経営再建が難しくなっていました。

当座借越-限度額を設定して、その枠内で自由に銀行からの借入や返済を行う方法

 当座貸越は、企業の信頼が得られた場合に、予め限度額(=極度額)を決めた上で、自由に貸し借りできる融資制度です。

 銀行では、当座貸越と呼びます。なお、オーバードラフト(O/Dと略す)と呼ばれることもあります。銀行側にとっては、いつ貸付が発生するかわからず、多額の枠を設定してしまうとリスクを被ってしまうことから、通常、極度額に見合った担保が要求されることとなります。

 当座貸越には、専用当座借越と一般当座借越があります。それぞれについて以下、見ていきます。

専用当座借越-当座預金や普通預金とは別に、当座借越専用の口座を作成し、融資を受ける方法

 その名の通り、通常保有している当座預金や普通預金とは別に、口座を作成し、極度額の範囲内で、資金が必要なときに連絡して融資を受け、返済するものです。

一般当座借越-当座預金に対して当座借越の極度額を設定する方法

 こちらは、専用当座借越とは異なり、個別に資金が必要な際に連絡をすることなく、当座預金が赤残(=マイナス)となった場合に、自動的に極度額の範囲内で預金が補充されます。通常、当座借越といった場合、こちらのケースがほとんどです。決済日に不払となることを避けることできます。

コミットメント・ライン-あらかじめ極度額を設定しておき、その範囲内にであれば、契約期間中にいつでも予め定めた所定の条件で自由に借り入れる方法

 あらかじめ、貸付を行うことを確約(=コミット)することから、コミットメント・ラインと呼ばれます。通常1年ごとに更新が必要です。

①コミットメントフィーが必要

②担保が不要

③中堅・大企業向け

④シンジケート方式

の4つの特徴があります。ただし、メリットばかりではなく、財政状態の安全性を損なうと、枠が無効になる財務制限条項というものが付されている場合がほとんどです。

コミットメントフィーが必要-主に借入枠を設定するだけで利用の有無にかかわらず発生する費用

 コミットメント・フィーには、融資枠に対して一定の利率が発生する場合(ファシリティーフィー)と、未実行枠に対してのみ一定の料金が発生する場合がありますが、ほとんどの場合、前者となります。

担保が不要-当座借越とは異なり担保不要

 コミットメント・フィーを支払う代わりに、担保が不要となっています。

中堅・大企業向け=基準がある

 会社法上の大会社(資本金5億円以上、または負債200億円以上)、資本金3億円超の企業、純資産額10億円超の企業などの条件があり、使用される会社が限られています。

シンジケート方式-複数の銀行間で同一の契約を結ぶ方法

 契約方法として

 A. 相対型(バイラテラル方式):各銀行との間で個別に締結

 B. 協調型(シンジケート方式):複数の銀行で、同一の条件で契約を締結し枠を分担する

 がありますが、ほとんどの場合、Bのシンジケート方式を採用します。理由は簡単で、当座借越などと差別化をはかること、及び多額になるため、銀行のデフォルト(貸倒れ)リスクを分散するためです。

スタンドバイ方式とリボルビング方式-融資枠の使い方により異なる

融資枠として
 A. スタンドバイ方式:非常時にのみ使用するもの、CP(コマーシャル・ペーパー)のロールオーバ
   ー(借り換え)する場合などに保険として使用

 B. リボルビング方式:常に一定の融資枠を利用するもの、運転資金など平常時の資金需要に対
   応する目的で使用

に区分されます。しかしながら、予めコミットメント・ラインを設定するからには、いつでも資金需要があるときに使用するのが通常なので、Bのリボルビング方式をとります。

シンジケート・ローン-コミットメント・ラインの融資ver.

 シンジケート・ローンとは、複数の銀行が同一の契約書に基づいて、同一の貸出条件で行う貸出です。実際に融資を実行する点が、シンジケート方式のコミットメント・ラインとは異なります。M&Aや、大型のプロジェクトファイナンスの一部として使用されることも多いですが、中堅でも利用されています。

アレンジャーとエージェント

 クライアント(借入先)が主幹事銀行(アレンジャー)に対して、シンジケート・ローンの組成を依頼(マンデート)し、参加銀行を募ります。そして、シンジケート団を組成し、契約条件をアレンジします。

 通常、借入先のメインバンクが、アレンジャーとなり、自らも参加するとともにエージェントとなる事が多いです。

 エージェントとは、シンジケート団の代理人として、契約変更や元利払いなどの手続を実施する銀行のことです。

コミットメント・ライン型とタームローン型

 コミットメント・ライン型は、1年程度の短期間で分担するもので、タームローンは、3〜10年程度の期間の融資枠を分担します。

ローンの組成方法=クラブ型とジェネラル型、アンダーライト方式とベストエフォート方式

 シンジケート・ローンの参加タイプとして、

 クラブ型:一定の条件を満たした銀行のみ参加

 ジェネラル型:どの銀行でも参加

 があります。

 また、融資枠の引受につき、

 アンダーライト方式:引受額<融資枠の場合に、アレンジャーが差額を引き受け、満額融資する方式

 ベストエフォート方式:引受額<融資枠の場合に、引受額を融資する方式

があります。

まとめ

 以上、銀行からの資金調達についてまとめてみました。銀行からの資金調達と言っても様々なものがあるので、どれがニーズを満たすか比較して資金調達に役立てていただけると幸いです。

 もっと詳しく知りたい方はこちら。

 

スポンサーリンク